B Company

若者が「住みたい街」として、常に上位に名を連ねる人気の街、吉祥寺。
活気ある商店街の一角に店を構えるのが、B-COMPANY吉祥寺中道通り店です。
センスあるインテリアや雑貨を求めて、この街を訪れる人々。
そんなお客様に応えるために、魅力的な店舗づくりを続ける店長の望月さん。
オープニングスタッフとして、ずっとこのお店を支えてきたスタッフの遠藤さん。
今回はそんなおふたりに、この店舗のこと、街のこと、そしてお互いのこと……。
いろいろなことを、語りあっていただきました。

今ではすっかり“吉祥寺”という街に夢中

望月
私は前の勤務店が吉祥寺パルコ店だったので、吉祥寺という街と縁ができてから4年。遠藤さんもそうだよね?
遠藤
そうですね。私はこの店舗のオープニングスタッフとして参加したので、同じくもう4年たちます。でも実は、当時は吉祥寺のことをそれほどよく知らなかったんですよね……。この街にきたのは本当に偶然で。
望月
実は私もそう。でもいざ近くに住み、この店舗で働きはじめてから、すぐにこの街が好きになった。今ではもう離れられないくらい大好き。
遠藤
私もです! この商店街も魅力があるし、お店にきてくださるお客様もすてきな方が多いですよね。若い人に人気があるというのもわかる気がします。

インテリアの仕事に魅力を感じて

望月
遠藤さんは、一度就職が決まっていたのに思い直して、B-COMPANYに入ったんでしょう?
遠藤
そうなんです。さんざん悩んだ結果、「やっぱりインテリアショップで働きたい!」と思って。悩みながらいろいろな店舗を見て回っているなかでB-COMPANYを訪れたのですが、そのときたまたまスタッフを募集していたんです。これはもう運命だ、と。店長はどんなきっかけでこの仕事についたんですか?
望月
私は父親が設計士だったから、子どものころ、父と一緒に働いていたインテリアコーディネーターさんの仕事を近くで見る機会があって。そこから「インテリア」そのものに興味を持つようになったんだよね。
遠藤
なるほど、そうだったんですね。

店舗運営の方法や、客層も異なる路面店

遠藤
店長はパルコ店で働いていた経験をお持ちですが、路面店と商業施設内の店舗にはどんな違いがありますか?
望月
まず、客層が違うかな。やはり商業施設は、トレンドに敏感な若い女性が多い。でも路面店の場合は男女関係なく、商店街を散策している人がディスプレイを見てふらっと立ち寄ってくれるイメージだね。
遠藤
確かに、インテリアや雑貨を探すために吉祥寺にきたとおっしゃるお客様は多いですね。
望月
路面店は店舗が広い分、品出しや陳列、商品の管理はそれなりに大変だけどね。
遠藤
品出しは重いものも多いから、けっこう重労働ですよね!
望月
でも、うまくディスプレイ出来たときはお客様の反応が違う。そこにやりがいを感じる。